lankanlife

スリランカの首都、コロンボ在住。日本人に役立ちそうなスリランカ情報を発信します。

スリランカ人の不思議

スリランカ人と関わっていると、日本で生まれ育った私には不思議なことが沢山あります。

 

基本的にお節介で人との距離感が近めのスリランカ人。ご飯は食べたかとか、家族はどうしてるとか、色々聞いてくるのですが、不思議なのは男女問わず、

 

私の肌荒れを心配してくれること!😱

 

職場の同僚(男性)に「最近ニキビ増えたんじゃないか?」とか、警備のおじちゃんに「それ(ニキビ)どうしたんだ!いい薬があるぞ」とか言われたり、ご近所のマダムにキレイな肌なんだから台無しにしちゃダメよ!」と諭されたり…。

 

あのぅ、みなさん…確かにいい歳してでっかいニキビをつけた人がいたら目がいってしまうのはわかる。でもさ、ニキビがあるのは私が一番よくわかってるし、それなりに対策した結果だから時期によってはどうしようもないこともあるのよ…。それをわざわざ改めて指摘してくれなくても、と思うのですが…。

 

地味に傷つきつつ、ニキビ治そうと思いを新たにできたので、スリランカ人によるスパルタショック療法はある意味効果があるかもしれません。。。

シンハラ語のすすめ

こちらに来てからシンハラ語を勉強し始めました。

正直、コロンボで生活している限りは英語が話せれば何の不便もありません。

飲食店でも小さな商店でもスリーウィーラー(三輪タクシー)のおじさんでも、大抵は英語が話せます。

コロンボスリランカ南部など、多数派であるシンハラ人が多く住む地域ではシンハラ語が、北部・東部のタミル人地域ではタミル語が主に話されます。複数民族をつなぐ連結語として英語が指定されています。

 

そんな中で敢えてシンハラ語を勉強するメリットは正直あまりないかも…ですが、

私は「言語は思考を規定する」と思っているので、現地人のことをより理解するためにも習ってみようと思ったのです。

 

私が習っているのはスリランカに20年以上住んでいるイギリス人の先生。

1クラス10名前後で、会話中心の双方向なレッスンです。

 

実際に習ってみて、やっぱり思うのは大人になってから新しいことを勉強するのはとても刺激的で楽しい!ということ。

そしてシンハラ語は語順などが日本語に似ているのでとても身につけやすいということ。

 

さらに、日々ちょっとした場面で役立って嬉しいことも。

 

例えば旅先の土産屋で「アドゥカランナ プルワンダ?」(まけてくれる?)と行ったら

「オヤ シンハラ カターカランネ!?」(シンハラ語喋れるの!?)といってニコニコして安くしてくれたり。

 

コロンボでスリーウィーラーに乗っていたら警察に止められて、

「Which country!?」(どこの国?)「Passport?」(パスポート見せて)

と怖い顔したお巡りさんに凄まれたときに

「アピ ランカーウェ ヴァダカラナワ」(私たちスリランカで働いてるんです)と言ったら急にニコニコして

「バンダラダ?」(結婚してるのか?)「Sri Lankan guy?」(相手はスリランカ人か?)と明らかに仕事を放棄しておしゃべりを楽しみ始めたり。

(その後何事も無かったように解放された)

 

世界遺産のダンブッラ石窟寺院で中に入れず悲しそうにしてたら、同情して特別に入れてくれたり。

(レジデントビザを持っていると拝観料が無料になるところ、パスポートを忘れて一人だけ入れなかったのです…受付のおじさんとおしゃべりしながら待つつもりが、思いがけなく「入っていいよ」と言われました)
f:id:smghsi:20180208010901j:image

(ダンブッラ石窟寺院)

 

無いと日常生活に支障が!という訳ではないものの、話せると世界が広がります。

スリランカ以外では役に立たない言葉ですが、だからこそ少し話せると現地の人との距離がグッと縮まるのを感じます。

当面の目標は、もっと話せるようになってスリーウィーラーの運転手と渡り合えるようになることです。

今は「ワンマタ ハラワンナ」(左に曲がって)「メタナ ナワッタンナ」(ここで止まって)といった道の指示しか出来ないので…。

 

みなさんも現地の言葉がある国に行ったときは、少しでも現地の言葉を勉強してみてはいかがでしょうか。

コロンボカフェ巡り⑥〜オーシャンビューで美味しいコーヒーを!〜

今まで紹介してきた中でも一、二を争うおすすめがこちら。

White & Co.(ホワイトアンドコー)です。

 

コロンボ3〜4のエリアの海沿いを走る「マリンドライブ」沿いにあります。

窓側のカウンター席からはインド洋を目の前に望めます。陽光降り注ぐテラス席もあり。

店内は落ち着いた雰囲気で、エアコンも強すぎず、特に2階席はゆったりしていていい感じ。

パソコンをいじったり読書しながら長居してる人も多いです(私もその一人)。

 
f:id:smghsi:20180121021219j:image

 

コーヒーが売りということで、おすすめはボトルに入って出てくるアイスコーヒー。(日本人の間では醤油にしか見えないと評判)

もちろん他にもエスプレッソからモカ、キャラメルラテなどいろいろあり。

フードも充実しています。

私はもっぱら紅茶派なので、この店では選択肢が少ないのがちょっと悲しい。

 

ちなみに店員さんに頼むとWi-Fiのパスワードを持ってきてくれて、1時間無料で使えます。

 

小洒落た店内でインド洋を眺めながらのんびり休憩できるおすすめスポットでした。

コロンボカフェ巡り⑤〜コロンボ随一のおしゃれスポット The Gallery Cafe

コロンボのカフェといえばここを外すわけにはいかないでしょう。ガイドブックでもお馴染みのギャラリーカフェです。

スリランカに多くの建築物を残した著名な建築家、ジェフリー・バワが設計した建物を利用したカフェです。

場所は若干分かりづらいですが、スリーウィーラーに店の名前を言えば大体のドライバーは知っているでしょう。

門をくぐると、街の喧騒から離れた空間が広がっています。中庭もおしゃれ。

f:id:smghsi:20171206023101j:image

 

店構えがおしゃれなら、出てくるご飯もおしゃれです。そう、ここはおしゃれに満ちた空間。まさにコロンボのおしゃれカフェなのです!!!

日本に住んでいる時よりもおしゃれ免疫が下がっている私の心のおしゃれメーターは針が振り切れる寸前。

f:id:smghsi:20171206023350j:imagef:id:smghsi:20171206023349j:image

 

勢いあまって2枚も上げちゃった。同じ写真ですすみません。

こちらはチキングリルに生姜とレモングラスをたっぷり使ったソースがかかっているもの。下のマッシュポテト(パスタだったかも?)もいい感じでした。

例に漏れず、ちょっと塩っぱいんですけどね…スリランカあるある。概して味が濃い。

 

ところで、奥に写るティーポットにみなさん気付かれました??ぐるっと書いてあるのはシンハラ語の文字なんですが、めっちゃ可愛いですよね??

これは「パラダイスロード」というこれまたおしゃれな雑貨・家具・食器屋に売っているものなんですが、そのパラダイスロードと、ここギャラリーカフェは経営者が同じなんですね。このカフェにも小さいショップが併設されています。

パラダイスロードの雑貨って、値段は高いんだけど可愛いからついつい買っちゃうんですよね〜。

お土産にもおススメです。

 

コロンボカフェ巡り④〜タピオカティーその2、Mabroc Bubble Tea〜

ここに関してはカフェではないのですが、先日Bubble Me Bubble Teaを紹介した流れでこちらも。

リバティプラザ、クレスキャットショッピングモール、オデールのフードコート内にある、マブロックという紅茶の会社が出しているお店です。

こちらはベースとなる飲み物のバリエーションが多く、シェイクやフラッペもあります。

飲み物とバブルの組み合わせはある程度決まっているので、その中から選びます。

 f:id:smghsi:20170806201408j:image

今回は王道のミルクティー+ブラックタピオカにしてみました。

面白いのはホットが選べるところ!熱い飲み物にタピオカ入ってるって…ちょっと飲むの怖い気がするけど(笑)

私はアイスを選んで、砂糖は少なめに。レギュラーサイズで330ルピー(250円くらい)です。

味は美味しかったです!さすがMabrocと言うべきか、紅茶が美味しい。少し濃いめのミルクティーにちょっとした甘みと、タピオカ独特の風味がよく合っていました。タピオカもたっぷりで満足度高めです。

 

こちらもBubble Meと同じく、プラスチックにカップにセロハンの蓋をつけて密封してくれます。

今回気づいたのですが、これって傾けてもこぼれないからお子さんにも持たせやすいですね。

コロンボカフェ巡り③〜タピオカティーが飲める!BUBBLE ME BUBBLE TEA〜

ティンビリガシャヤロードに最近出来たお店。

タピオカ入りのドリンクを幅広く展開しています。

お店は小さく、カウンター席が6席ほどあるだけなので長時間滞在には向きませんが、バリエーションがかなり豊富かつ店員さんの対応も気持ちよかったので、リピートしてみようかなという気になりました。

 

注文は壁に貼られたボードを見ながら、ベースのドリンクの種類とサイズ、甘さ、中に入れるものの種類を選びます。

ベースのお茶は普通のミルクティーからフルーツティー、ヨーグルトティーという謎の存在、ミルクコーヒー、ミロやシェイクまで40種類ほど。

ベースとサイズによって値段が決まっていて、380〜550ルピー(290〜410円くらい)でした。

 

甘さは0%〜100%の間で5段階で選べるようになっていて、25%にしてみたのですが、日本の感覚からすると結構甘かったです…ペットボトルの甘いフルーツティーよりもう少し甘ったるい感じ。100%ってどんなんだ…。

 

中に入れるものは、タピオカの他にコーヒーゼリーやバブル(フルーツシロップが中に入ったプチプチと思われる)などが選べます。

 

今回私は、ライチブラックティーの甘さ25%、パンダパール(白黒タピオカのミックス)にしました。

f:id:smghsi:20170729145542j:image

 

プラスチックカップの上をビニールのフタで密封してくれます。Lサイズで450ルピー。

 

甘すぎて飲み終わる頃にはちょっと気持ち悪かったですが(汗)、タピオカがたっぷり入っていてその点では満足度は高いです。

タピオカにもほんのり甘みはあるので、次は甘さゼロで試してみようと思います。

 

日本大使館の近くにもお店あり。

 

コロンボカフェ巡り②〜長時間滞在にぴったり。Tea Breeze〜

カフェ巡り第二弾は、のんびり過ごせる穴場スポットTea Breezeをレポートします。

 

ベイラ湖のほとりにあるこちらのお店。

マックウッズ(Mackwoods)という紅茶ブランドが出しているカフェです。

ぱっと見地味な感じで決して入りやすい雰囲気ではないですが、2階席はたくさん絵が飾られていて意外とオシャレ。

f:id:smghsi:20170723200857j:image

 

この店の一番のおすすめポイントは、冷房がすこっっっしも効いていないところ!

基本的に窓が開放されていて、冷房は常時OFF。

雨が降ってきたときや、お客さんからのリクエストがあったときには窓を閉めて冷房をつけてくれるみたいです。

あまりの徹底ぶりに時には汗だくになるのですが(これを書いている今も…)、どこへ行っても冷房ガンガンのコロンボにあって、この環境は貴重。

エアコンがあまり好きでない私にとっては、身体を冷やさず長時間のんびりしたいときに重宝している場所です。

大体いつも空いているのも大事なポイント。笑

 

肝心のメニューは、定番のポットティーの種類が豊富。 

特に1つの産地でもOP, BOP, BOPFなど異なる種類を選べるなど、さすがマックウッズのカフェという感じ。

ただ、暑いのでついアイスティーを頼みたくなっちゃうんですけどね。

今回はヌワラエリヤのOP(オレンジペコー)を頼みました。350ルピー、260円くらい。

抽出された状態で(茶葉なし)出てくるので、飲んでいるうちに出過ぎて渋くならないのは嬉しい。

f:id:smghsi:20170723201331j:image

 写真の右側はキャロットケーキ、350ルピー。

くるみがたっぷり入っていて美味しかったです。

こちらの感覚からすると甘さ控えめでほっ。

ただ上に乗ってるクリームは甘すぎたので剥がして食べました。

 

f:id:smghsi:20170723202242j:image

こちらは別の日に頼んだワッフル。カリッと感がなく、特に感動はなし。シロップはたっぷりでした。

アイスティーはフレーバーティーにフロートが乗っているもので450ルピーほど(約350円)。

 

ちなみにフレーバーアイスティーはもれなく甘いです。

ここはちょっと残念なポイント。

他にちょっと残念なのは、2フロアに分かれているので店員さんの目が行き届かず注文や会計をしたいときになかなか頼めないこと。

あとはタイミングによってはベイラ湖からの異臭が吹き抜けるときがあります。笑

 

逆に良いのは無料のWi-Fi(PWは店員さんに聞くと教えてくれる)が使えるところ。長時間滞在に拍車がかかります。

それから音楽がボサノバとかジャズとかでセンスいいなぁ〜と思いながら聴いてます。あまり詳しくないので細かいことはわかりませんが…。

 

以上、コロンボカフェ巡り第二弾でした!